国際機関による貧困指標

 貧困・格差指標の開発に、大きく貢献してきたのが国際連合(United Nations: UN)、欧州連合(European Union: EU)などの国際機関です。これらの機関においては、複数の国の状況を横並びに比較することによって、それぞれの国の状況を把握し、各国における政策の評価の目安にしたり、今後の目標を設定することを目指しており、そのために共通の土台となる指標の開発が不可欠でした。

 特に、欧州連合では、オープン政策協調手法 (Open-Method-of-Coordination: OMC) による加盟国の社会政策の協調が義務づけられ、共通の指標によって、そのプログレスを測定する必要性があり、早くから共通指標の開発が手がけられました。

 

 ここでは、国際連合(UN)、経済協力開発機構(OECD)、欧州連合(EU)の3つの国際機関における新しい貧困指標の開発を紹介します。

 

                  1. 国際連合(UN)

            

                  2. 経済協力開発機構(OECD)

 

                  3. 欧州連合(EU)

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                           次へ (1.国際連合 UN)→