3.所得ベースの相対的貧困率② (研究者)

 

  阿部彩 (2008)

 

●「第1章 日本の貧困の実態と貧困対策」阿部彩・國枝繁樹・鈴木亘・林正義『生活保護の経済分析』東京大学出版会、2008.3.21,p.21-51.

 

1-1 年齢(10)別貧困率・貧困ギャップ率

       

 

n

可処分所得

市場所得

削減度  (%)

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

男性

 

 

 

 

 

 

 

    10歳未満

1,037

15.0

0.046

13.8

0.055

-0.091

0.154

    10歳代

1,119

13.8

0.050

14.8

0.061

0.072

0.179

    20歳代

1,246

12.9

0.039

12.4

0.047

-0.046

0.158

    30歳代

1,336

10.5

0.033

12.0

0.065

0.130

0.491

    40歳代

1,282

10.1

0.034

12.0

0.063

0.163

0.458

    50歳代

1,590

10.7

0.035

10.4

0.052

-0.024

0.330

    60歳代

1,342

14.9

0.050

38.6

0.253

0.614

0.801

    70歳代

995

17.4

0.057

60.0

0.502

0.710

0.886

    80歳以上

321

20.9

0.081

58.6

0.494

0.644

0.837

女性

 

   

 

 

   

    10歳未満

1,010

15.2

0.049

13.7

0.060

-0.109

0.179

    10歳代

1,123

16.1

0.059

16.2

0.073

0.006

0.187

    20歳代

1,285

12.8

0.042

11.7

0.048

-0.100

0.140

    30歳代

1,371

13.4

0.046

15.3

0.074

0.124

0.378

    40歳代

1,382

11.4

0.039

13.0

0.063

0.117

0.386

    50歳代

1,656

13.0

0.043

16.8

0.090

0.223

0.525

    60歳代

1,566

20.0

0.069

49.5

0.359

0.596

0.807

    70歳代

1,217

24.2

0.088

57.4

0.485

0.579

0.819

    80歳以上

605

27.3

0.098

48.8

0.398

0.441

0.753

出所: 厚生労働省『平成14年所得再分配調査』 より筆者計算.

  

  

1-2 世帯類型別   貧困率・貧困ギャップ率

         

 

n

可処分所得

市場所得

削減度  (%)

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

高齢者の状況:

 

   

 

 

   

 高齢男性 (単身)

126

27.8

0.100

84.1

0.735

0.670

0.864

 高齢女性 ()

505

51.7

0.196

89.7

0.818

0.424

0.761

 高齢者のみ世帯 (男性)

722

22.4

0.076

83.2

0.734

0.730

0.896

 高齢者のみ世帯 (女性)

752

23.0

0.079

82.7

0.726

0.722

0.891

 その他の世帯 (男性)

1,125

13.1

0.041

36.8

0.246

0.645

0.832

 その他の世帯 (女性)

1,336

14.3

0.047

27.3

0.170

0.475

0.723

勤労世代 (20-59) の状況:

 

   

 

 

   

 1.単身男性

525

20.6

0.079

22.3

0.122

0.077

0.354

 2.単身女性

394

36.0

0.123

36.8

0.195

0.021

0.370

 3.夫婦のみ世帯

1,769

   

 

 

   

           男性

790

11.1

0.040

14.9

0.089

0.254

0.554

           女性

979

12.8

0.043

25.6

0.171

0.502

0.750

   4.夫婦と未婚の子のみ世帯

5,891

   

 

 

   

           男性

2,950

9.1

0.027

9.2

0.041

0.004

0.334

           女性

2,941

9.1

0.027

9.9

0.046

0.076

0.400

   5.母子世帯

515

33.6

0.123

42.1

0.218

0.203

0.435

           男性

140

27.1

0.092

37.1

0.199

0.269

0.538

           女性

375

36.0

0.136

44.0

0.225

0.182

0.396

   6.父子世帯

179

18.4

0.081

25.7

0.175

0.283

0.539

           男性

135

22.2

0.088

25.9

0.168

0.143

0.478

           女性

44

6.8

0.039

25.0

0.195

0.727

0.802

 7.3世代世帯

2,365

   

 

 

   

    男性

1,148

8.4

0.026

10.3

0.048

0.178

0.466

    女性

1,217

8.4

0.028

11. 8

0.055

0.292

0.487

 8.その他の世帯

990

   

 

 

   

           男性

451

14.6

0.044

23.7

0.119

0.383

0.627

           女性

539

17. 6

0.069

26.0

0.148

0.321

0.532

 

n

可処分所得

市場所得

削減度 (%)

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

子どもの状況:

 

   

 

 

   

   4.夫婦と未婚の子のみ世帯

2,688

10.5

0.031

7.3

0.024

-0.446

-0.308

   5.母子世帯

208

60.6

0.222

66.8

0.317

0.094

0.302

   6.父子世帯

34

23.5

0.075

11.8

0.039

-1.000

-0.932

   7.3世代世帯

1,186

11.4

0.040

15.9

0.073

0.282

0.450

 8.その他の世帯

123

39.8

0.187

47.2

0.267

0.155

0.299

 

 

   

 

 

   

国民生活基礎調査の定義による:

 

   

 

 

   

 母子世帯(母と未成年の子のみ)

183

62.3

0.230

67.8

0.329

0.081

0.300

 父子世帯(父と未成年の子のみ)

25

20.0

0.053

4.0

0.033

-4.000

-0.595

出所: 厚生労働省『平成14年所得再分配調査』 より筆者計算.

 

1-3 配偶関係別 貧困率・貧困ギャップ率

 

n

可処分所得

市場所得

削減度(%)

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

高齢者(65歳以上)の状況:

 

 

 

 

 

 

 

 有配偶 (男性)

1,706

16.9

0.054

56.9

0.456

0.703

0.882

 有配偶 (女性)

1,306

17.5

0.057

59.5

0.494

0.705

0.884

 未婚 (男性)

22

40.9

0.110

63.6

0.485

0.357

0.772

 未婚 (女性)

69

42.0

0.161

72.5

0.588

0.420

0.726

 死別 (男性)

213

17.8

0.071

54.0

0.429

0.670

0.834

 死別 (女性)

1,120

29.1

0.107

48.6

0.397

0.401

0.732

 離別 (男性)

32

28.1

0.139

65.6

0.592

0.571

0.766

 離別 (女性)

98

41.8

0.159

69.4

0.576

0.397

0.724

勤労世代(20-64)の状況:

 

 

 

 

 

   

 有配偶 (男性)

4,143

9.3

0.030

9.9

0.047

0.061

0.349

 有配偶 (女性)

4,536

10.3

0.033

13.8

0.073

0.255

0.552

 未婚 (男性)

1,775

14.6

0.047

19.3

0.103

0.245

0.546

 未婚 (女性)

1,369

15.6

0.055

20.5

0.112

0.242

0.512

 死別 (男性)

55

23.6

0.101

30.9

0.182

0.235

0.445

 死別 (女性)

241

24.9

0.097

38.6

0.245

0.355

0.604

 離別 (男性)

166

22.9

0.079

27.7

0.174

0.174

0.545

 離別 (女性)

343

38.5

0.140

43.1

0.212

0.108

0.339

出所: 厚生労働省『平成14年所得再分配調査』 より筆者計算

 

1-4 雇用状況別 貧困率・貧困ギャップ率

     

n

可処分所得

市場所得

削減度(%)

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

貧困率

貧困ギャップ率

高齢者(65歳以上)の状況:

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕事あり (男性)

688

18.2

0.059

39.1

0.252

0.536

0.766

 仕事あり (女性)

359

26.2

0.094

44.0

0.300

0.405

0.687

 無職(男性)

1,217

16.4

0.054

66.2

0.563

0.752

0.903

 無職(女性)

998

23.2

0.086

47.2

0.387

0.507

0.778

勤労世代(20-64)の状況:

 

 

 

 

 

   

 仕事あり(男性)

5,352

9.4

0.030

9.9

0.044

0.049

0.331

 仕事あり(女性)

3,845

12.2

0.041

14.4

0.067

0.155

0.391

 無職(男性)

571

25.2

0.093

40.3

0.270

0.374

0.657

 無職(女性)

339

30.4

0.108

43.4

0.276

0.299

0.609

出所: 厚生労働省『平成14年所得再分配調査』 より筆者計算

 

 

  阿部彩 (2007)

 

●「第3章 貧困リスク」橘木俊昭責任編集『リスク入門2 経済からみたリスク』岩波書店、

2007.10.7,p.65-94. 

ダウンロード
表1 貧困と社会的排除指標(Poverty and Social Exclusion Index)
欧州委員会(EC)が開発した「貧困と社会的排除指標(Poverty and Social Exclusion Index)」の本指標の中から、推計が可能であった7つの貧困リスク(貧困指標)項目について、日本とEU主要4ヵ国(イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン)との貧困の比較。
表1 貧困と社会的排除指標 阿部.pdf
PDFファイル 244.1 KB

 

  阿部彩 (2006)

 

●「第5章 貧困の現状とその要因:1980~2000年代の貧困率上昇の要因分析」小塩隆士・田辺栄治・府川哲夫編著『日本の所得分配:格差拡大と政策の役割』東京大学出版会、2006.11.10,p.111-137.

5-1 1984-2002年の年齢別貧困率・人口構成比

       

 

1984

1987

1990

1993

1996

1999

2002

人口構成比(%)

 

 

 

 

 

 

 

 高齢者

13.1

14.3

16.5

19.0

20.6

21.9

24.3

 壮年者

55.1

54.2

54.7

56.2

55.2

54.0

51.9

 子ども

30.7

29.2

26.3

24.2

22.9

21.6

20.0

貧困率(%)

 

 

 

 

 

 

 

   全体

10.05

10.67

13.18

13.09

13.45

14.85

14.80

 高齢者

9.10

16.69

20.15

20.35

19.64

20.70

20.05

 壮年者

10.27

9.10

10.96

10.33

10.95

12.12

11.87

 子ども

10.09

10.19

12.77

13.17

13.53

15.11

15.02

出所: 1984年と1987年は、高齢者の貧困率が多年に比べて大幅に低い。これについては、データの問題なのか実際値なのか判別がつかず、データ自体に問題がある可能性を留意する必要がある。

出所: 厚生労働所「所得再配分調査」各年の個票より筆者計算.

 

 

表5-2 仮定的なシミュレーション下の貧困率


  
人口構成比 (%)
1884年 1990年 2002年
  1984年 10.05 10.00 9.90
再分配後 1990年 12.82 13.18 13.90
貧困率 (%) 2002年 14.00 14.25 14.80

(注):網かけ部分は実際値. 

出所:厚生労働省「所得再分配調査」各年の個票より筆者計算.

 

 

表5-3 貧困者に占める割合

  1984年 1987年 1990年 1993年 1996年 1999年 2002年

 60歳以上

 20歳未満

 20-59歳

0.13

0.31

0.56

0.26

0.28

0.46

0.29

0.25

0.45

0.32

0.24

0.44

0.32

0.23

0.45

0.34

0.22

.44

0.38

0.20

0.42

出所:厚生労働省「所得再分配調査」各年の個票より筆者計算.
 
 

5-4 高齢者の貧困率の分解

                         

 

再分配後貧困率(Pt)(%)

(%)

構成比(α)

市場所得の貧困率(Pm)

税・社会保障の効果(β)

 

1987

1993

2002

87-93

93-02

1987

1993

2002

1987

1993

2002

1987

1993

2002

60歳代単身

44.89

50.71

44.30

5.82

-6.41

0.04

0.05

0.05

73.86

79.93

73.15

0.39

0.37

0.39

 2人以上高齢者のみ世帯

16.54

19.77

18.50

3.23

-1.27

0.15

0.18

0.18

62.29

57.44

64.46

0.73

0.66

0.71

 その他の世帯

11.02

11.84

11.75

0.82

-0.09

0.35

0.33

0.25

19.65

18.03

24.15

0.44

0.34

0.51

70歳代単身

50.71

57.46

44.44

6.75

-13.02

0.03

0.04

0.05

90.71

87.72

87.91

0.44

0.34

0.49

 2人以上高齢者のみ世帯

27.41

32.32

22.31

4.91

-10.01

0.08

0.09

0.15

76.68

83.43

83.47

0.64

0.61

0.73

 その他の世帯

11.16

12.88

13.10

1.72

0.22

0.23

0.17

0.17

17.24

17.89

28.25

0.35

0.28

0.54

80歳以上単身

57.58

60.00

55.90

2.42

-4.10

0.01

0.01

0.03

90.91

92.94

95.65

0.37

0.35

0.42

 2人以上高齢者のみ世帯

32.47

36.67

32.05

4.20

-4.62

0.02

0.03

0.04

75.32

74.00

85.71

0.57

0.50

0.63

 その他の世帯

11.96

12.39

11.99

0.43

-0.40

0.09

0.10

0.09

19.07

16.34

21.28

0.38

0.24

0.44

高齢者全体

16.69

20.35

20.05

3.66

-0.30

1.00

1.00

1.00

36.10

38.99

50.75

 

 

 

 単身

48.42

54.64

46.80

6.21

-7.84

0.08

0.10

0.13

82.23

84.79

83.79

0.41

0.36

0.44

 2人以上高齢者のみ世帯

21.18

25.02

21.56

3.83

-3.46

0.25

0.29

0.37

67.86

66.65

74.39

0.69

0.62

0.71

 その他の世帯

11.18

12.22

12.24

1.04

0.02

0.67

0.60

0.50

18.75

17.72

25.04

0.40

0.31

0.51

 60歳代

15.11

17.76

17.65

2.64

-0.11

0.54

0.56

0.48

35.59

35.98

44.46

0.58

0.51

0.60

 70歳代

18.72

24.51

21.11

5.79

-3.40

0.35

0.30

0.37

38.12

46.32

58.55

0.51

0.47

0.64

 80歳以上

18.08

22.10

25.08

4.02

2.98

0.12

0.14

0.15

32.53

35.48

51.87

0.44

0.38

0.52

出所: 厚生労働所「所得再配分調査」各年の個票より筆者計算.

 

5-6 子どもの貧困率の分解

                   

 

再分配後貧困率(Pt)(%)

 

構成比(α)

 

市場所得の

貧困率(Pm)

 

税・社会保障の効果(β)

 

1987

2002

 

1987

2002

 

1987

2002

 

1987

2002

母子世帯

52.30

62.30

10.00

 

0.023

0.043

 

66.67

67.76

 

0.216

0.081

その他有子世帯

9.21

12.91

3.70

 

0.977

0.957

 

8.02

12.30

 

-0.148

-0.050

子ども全体

10.19

15.02

4.83

 

 

 

 

9.36

14.67

 

 

 

出所: 厚生労働所「所得再配分調査」各年の個票より筆者計算.

 

5-8 壮年者の貧困率の分解

                 

 

再分配後貧困率(Pt)(%)

 

構成比(α)

 

市場所得の

貧困率(Pm)

 

税・社会保障の

効果(β)

 

1987

2002

 

1987

2002

 

1987

2002

 

1987

2002

有配偶男性

7.97

8.94

0.97

 

0.38

0.32

 

6.80

7.49

 

-0.17

-0.19

有配偶女性

8.13

9.47

1.34

 

0.40

0.35

 

8.20

9.52

 

0.07

0.01

無配偶男性

10.16

14.77

4.61

 

0.11

0.17

 

12.14

19.22

 

0.16

0.23

無配偶女性

15.54

19.75

4.21

 

0.11

0.16

 

18.99

24.90

 

0.18

0.21

壮年者全体

9.10

11.87

2.77

 

1.00

1.00

 

9.28

13.02

 

 

 

出所: 厚生労働所「所得再配分調査」各年の個票より筆者計算.

                 

 

  藤森克彦(2010)

 

●藤森克彦著『単身急増社会の衝撃』、日本経済新聞出版社 2010.5.

 

←前へ (3.所得ベース相対的貧困率・公的機関)                                                                                                                                         次へ  →